ルモーリン
ホーム 更新 Perl ランドナー サービス 雑談 コースガイド 鉄ゲタ 自転車 Linux リンク 連絡先
パンク上等、バリバリだぜ

あちこちの道を自転車で行くと、パンクするようになりました。

1回目は道具を忘れてしまったので、自転車屋さんまで歩いていきましたが
それ以来、必らずパンク修理キットを持つようにしました。

パンク修理キット
項番項目数量
1タイヤレバー3本
2空気入れ1本
3紙やすり1枚
4ゴムのり1本
5パッチ4枚
6バルブ1本
2回目のパンクの際は、修理キットの入れ物が悪くて、
ゴムのりのチューブが破れ、すっかり乾いていたため、
それで近所のコンビニから接着剤を買って代用しました。
慣れていないせいで、所要時間は約2時間です。

3回目で40分間、4回目で30分間程度で済むようになりました。

パンクの頻度が増えてきた理由を考えると、

休日に走る
  ↓
交通量の少ないコースを選択
  ↓
清掃されていないことが多い
  ↓
ガラスの破片が散乱したまま
  ↓
パンクしやすい

といった事ではないかと思います。
運よく、通勤中のパンクはありません。
通勤中のパンクを想定すると10分間くらいで修理したいですね。

(おまけ)
タイトルは漫画家・佐々木倫子さんの作品中、北海道ローカルねたの
「ハンパじゃないよ、バリバリだぜ」
から頂きました。