ルモーリン
ホーム 更新 Perl ランドナー サービス 雑談 コースガイド 鉄ゲタ 自転車 Linux リンク 連絡先

さようならアルベルト、ありがとうブリジストン

2004-09-09

お別れ

新しい自転車が完成したので、アルベルトとはお別れです。

2002年の春に、自転車通勤のために買ってみたら、思いっきりハマっちゃいました。あっちこっち行って楽しかったなー。

いつの間にか、スピードメーターの距離計は16,205kmになり、壊れた部品を交換していくと部品代が29,720円になりました。 この金額は、1年目は自転車屋さんのサービスで無料、2年目と3年目の分です。 本体の値段が30,000円強でしたから、ほぼ同じ金額を保守に使ったことになります。

自転車を使わない期間は、バス、地下鉄、徒歩の組み合わせになっています。 バスと地下鉄の乗り継ぎの悪いことと、徒歩の時間がかなりあるために、自転車で行く時間と大差ありません。 特に私の職業では土、日、祝日にも出勤するため、乗り継ぎが更に悪く、自転車のほうが速いのです。 ちなみに毎月20,000円弱の交通費が浮きましたけれど、食費がかさんでいるために損得は不明です(笑)。

アルベルトの特長の一つに、加速の良さが挙げられます。 加速がよい(他のママチャリに比べての話。)ので、止まるべき時に、止まるべき所に、きちんと止めたくなります。 もし、加速が悪い自転車に乗っていたら、加速が悪い→スピードがつくのに時間と力がいる→止まりたくない→信号無視、となってトンでもない自転車乗りになっていたことでしょう。 ブリジストンさんもその辺をアピールすると良いのに。 子供に自転車を与えたいと考えている親御さんがいらっしゃれば、安全のためにもアルベルトを勧めます。

アルベルトは、「自転車って楽しいな。わーい。」と思わせてくれました。 だから、片道16kmの自転車通勤を続けることができるのだと思います。 そして、質の良い自転車の世界を見せてくれました。 短期的には他のメーカーへ逃げる可能性もあるれど、メーカー同志、お互い様ということで。 自転車を購入した者が、次の自転車として、より質の高いものを選択するには、最初の自転車に質の高さが必要です。

10,000円の自転車では、以後も10,000円のままです、たぶん。 30,000円のアルベルトなら、次は90,000円のエンペラー ツーリングマスターです。(本当)

自転車メーカーとしてどちらが都合がよいか明白ですよね。 これからも、良いアルベルトを作り続けてください。>ブリジストンさん