ルモーリン
ホーム 更新 Perl Sample サービス 雑談 鉄ゲタ Linux リンク 連絡先

MMDカメラモーション補間サービス

投稿:2022-02-14

自分でMMDのカメラでキーを打つと、スピードはバラバラ、キー位置でカクカクします。 なんとかして良い感じに改善したい。

  • カメラの始点と終点のキー位置は変わりません
  • 始点から中間のカメラ位置を通過して終点までスプライン補間で滑らかに移動します
  • カメラ中心の移動が一定の速度になります
  • 速度の都合があるので中間のキーにあるカメラ位置を通過するフレームが移動します

ツイッターでゴメン。

  • バグがあるのが前提です
  • MMDのプロジェクトを壊すかもしれません
  • くれぐれもバックアップを確保してから作業してください
  • サーバーがレスポンスよく反応するためにアップロードしたvmdファイルを一時保存しますがダウンロード後に自動削除します
  • vmdファイルを一時保存する都合でクッキーを使用しますが10文字のランダム文字列です
  • 楽しいMMD動画が増えますように

MMDでカメラモーションだけを入れたvmdファイルを作ってください。 ファイルサイズの上限は5kBですがカメラモーションだけなら十分なサイズと思います。 下記のフォームからアップロードすると処理経過が進み最後にcamera_spline.vmdがダウンロードされます。 始めにMMDの画面で読み込む範囲のカメラを消してください。 次に範囲の先頭を表示させてください。 最後に「モーションファイル読み込み」で読ませると補間したカメラで表示されます。 改善方法の選択はオススメ順です。 2番目は全フレームにキーを打ちますから修正の場合に全フレーム対象です。 3番目はスプライン補間が欲しいけど補間曲線は自分で設定したい人向けです。 カメラの動きが速い場合は、キーに映っている物の位置にカメラ中心を移動させて、その分距離を増やして同じレイアウトに見せてください。 カメラ中心の速度を一定にしますから映っている物の速度が一定に近くなります。

カメラモーションのvmdファイル:
改善方法:スプライン補間をした後の処理





メッセージ:

変換処理:0%