ルモーリン
ホーム 更新 Perl Sample ランドナー サービス 雑談 コースガイド 鉄ゲタ 自転車 Linux リンク 連絡先
超常現象

世の中は予想もできないような珍しい事が起きるものなんだなぁとつくづく思いました。 それは映画館からの帰りに歩道を歩いていた時のことです。 前からおしゃれな女のヒトがやって来ましたので「おしゃれなヒトだなぁ。」と見つめていたら そのヒトと目があってしまって「わ。チョット恥かしいな。」と思いつつ見つめていました。 3mほどに近づいた際にそのヒトが           にこっ。 えーと何だっけ「にこっ。」って? とこ。 とこ。 とこ。 とこ。 とこ。 とこ。 とこ。 とこ。 とこ。 とこ。 あ。微笑みだ。わ。どーしよ。って振返っても背中しか見えません。ぼーっと眺めておりました。 なんせ女のヒトに微笑んでもらったことがないもんで理解するまでに10歩もかかりました。 どこの世界に見知らぬ中年オヤジに微笑む女のヒトがいるのでしょうか?これぞ超常現象。 もしかすると「くすっ。」かもしれないし「ぷ。」だったかも。